HOME > とうふ屋の日々 > 伊賀市立府中小学校が「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞

伊賀市立府中小学校が「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞

【2009年11月28日】

恒岡食品から豆腐を納入させていただいている伊賀市立府中小学校が「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞しました[:にぱっ:]
3代目つねちゃんもつねちゃんの姉ちゃんも府中小学校が母校。
我々の時代の給食と言えば、鯨の肉や揚げパンを思い出しますねー。
今日、給食担当の先生と電話でお話をしていて受賞の件をお聞きしました。
早速ググってみると三重県のホームページに出ていました。
【三重県ホームページから】
 地産地消の取組を一層推進するため農林水産省が昨年度から実施している「地産地消給食等メニューコンテスト」において、伊賀市立府中小学校が農林水産省生産局長賞を受賞しました。
                       記
(1)受賞者:伊賀市立府中小学校
  受賞:農林水産省生産局長賞(学校給食・社員食堂部門)
  受賞メニュー:麦飯、牛乳、二色でんがく、なばなの金ごま和え、伊賀のかす汁、りんご
(2)受賞理由
  府中小学校では、郷土料理である「田楽」に地元の特産品である大豆を使った豆腐と味噌を使うなど、 地域性を生かした献立を給食に提供しました。また、授業で田楽の歴史を紹介することにより、子ども達 に対する郷土への関心を高める取り組みや、地元生産者との栽培・収穫体験などの交流や学校園での給食 食材の栽培、給食だより等により保護者に対して地元農産物の活用状況を提供している点などが高く評価 され、今回の受賞となりました。
こちらでは献立の写真も見られます。(PDF)
うれしいですね。私のつくった豆腐を使ってくれています。
今度は府中(ここの地区の名前です)産の大豆で豆腐をつくれないかという相談もいただきました。
やっぱり野菜も豆腐も地元産が安心ですよね。


“伊賀市立府中小学校が「地産地消給食等メニューコンテスト」で農林水産省生産局長賞を受賞” への1件のコメント

  1. 姉ちゃん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)
    おぉ~我が母校!!府中小学校、おめでとうございます。我がことのようにうれしいですね。昔から給食には、つねちゃんの豆腐を使っていただいていた記憶がありますが、メニューの中に田楽とは!!少しびっくり、はいからになりました(笑) 『食』はなくてはならないもの。『食』が充実していれば身体も元気、そこに心の元気もついてきます。地元でとれるものならなおさら、信頼関係のある食材で子どもたちの身体を守ることができます。今後もどうぞ頑張っていただき、うれしいニュースを府中に、いいえ全国に発信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2009年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ