観たよ!

【2008年09月23日】

秋ですね・・・
彼岸の頃だとなにで察知するのか
たんぼのあぜ道一面‘ひがんばな’
自然の営みに感心します
映画を観たいと思いながら
いつも見逃してしまいがちですが
たまたま公開日にレイトで観た映画
『おくりびと』
納棺師の話で
重いテーマなはずが
劇場中大笑いというシーンもたくさんあって
でも、観終わった後、心の中心に残るのは
何か大切なことのような気がして・・・
厳粛な空気の中で
納棺師の淡々とした、でも亡骸になってしまった人に対する
気持ちのこもった動作
亡くなった人に対する
残された人たちのそれぞれの感情が
納棺師によって
静かにひとつになって優しくなっていく様子が
肌で感じられ
なんともジーンとくる
誰しもが
死を受け入れられないことに苦しむ
けど、それは
=故人の人生そのものを尊敬できる気持ち
になっていくようで
ぼろぼろと涙が出るわけでもなかったけれど
久しぶりにいい映画だったな!と満足して帰宅
もうひとつ別の話
娘のipodの中に入っていて
娘絶賛の映画(9月初めにはテレビでも放映されたけど)
『舞妓Haaaan!!!』
熱狂的に舞妓さんしか愛せない男の話
阿部サダヲがおもしろすぎる・・・
その恋人役が柴咲コウ
舞妓さんしか愛さないことを知って
京都出身だと嘘をついて付き合っていたのに
バレるところがあって
なんと実は柴咲コウは、三重県出身の設定
京都の女の歯ぎしりはいいけど
三重の女の歯ぎしりは許せないと
手のひらを返すように言い放つのだけれど
何を隠そう
姉ちゃんは、三重県出身なのよ!!
歯ぎしりするのよ!!
悪かったね!!
でも、柴咲コウとは全然違う・・・
笑 (笑うしかないナ)
特に三重県出身の歯ぎしりする人にお薦め??
クローズアップしたところがこんな話でしたが
中身は出身県のことではないので
あしからず

夜景の写真はこの文章の内容とは
関係ありません
でも、秋の月が、関門海峡の月が
綺麗だった・・・
携帯のカメラが?
えっ?私の腕かぁ? が イマイチなので
感動が薄れますが・・・

伊賀産減農薬大豆すくすく成長中! だが・・・

【2008年09月18日】

久々に伊賀産減農薬栽培大豆(フクユタカ)の観察です。
2008.8.27
8月27日
2008.9.3
9月3日
2008.9.17
9月17日
ご覧の通り、すくすく成長してたくましい色になってきました。
しかし、明日台風[:曇りのち雨:]13号が接近するらしい[:ぎょーん:]
がんばるのだぞ!

子育て奮闘だった・・・

【2008年09月09日】

人生は出会いと別れの繰り返し・・・
また、小さなバイバイ[:パー:]をしました
娘が神戸に行ってしまいました[:新幹線:]
最後の晩餐[:にかっ:]・・・と彼女は言ったけど
二人で飲みに行きました
一年中、クリスマスの雰囲気の店・・・
関門海峡の夜景を
充分楽しみながら
喋りながら、笑いながら・・・
思わず
「アンタとこんなにして
お酒が飲める日がくるとは思わなかった」と告白
小さい時は我が強く
泣き出したら止まらない
どれだけ抱っこしても
「立って抱っこ!!」と言う
まだ喋れない赤ちゃんの時でさえも足で突き上げてきた
重いのに立って抱っこして泣き止むのを待つ[:しょぼん:]
思春期の時は最悪
コロコロと変化する彼女の感情
バタバタと物に当り散らしたり
不機嫌・・・そのもの・・・
こちらも知らん顔をするのだけれど
気分のいいものではない
気の短い私もすぐに怒りたくなる[:ぷんすか:]
ニュースで
‘育児ノイローゼ’
‘発作的な犯行’
なんて出ると
次は自分の番かもしれないと何度思ったことか[:きゅー:]
家事と仕事と子育てと!!
両立するのは難しい
どれだけ自分を悪い母親だと責めてきたか
親として反省の日々・・・
核家族で子どもと1対1で向き合うのにはパワーがいります
お互い逃げ場がないのだもの[:汗:]
今年の誕生日に二十歳になった娘は
メールで
「こんな私がはたちになるとか信じられんわぁ
あのぐずぐずの私が
20年間よ~育ててくれたわ
ありがとうございます
これからもよろしくね
一生懸命生きます[:love:]」
という最高の言葉を贈ってくれました
同じものを食べ
同じ空間で相手を想い
同じ時間を過ごす
その中の見えないところで
「信頼」という絆ができていく

帰省している間に撮ったデジカメの中の画像は
景色あり、友達の顔あり、母校の先生方の顔あり
自分の原点のすべてに足を運んだように思えました
「やっぱりこうしてみると
私は下関で育ったんやと思うな」と満足気な顔
いろいろなことを喋りあった楽しい時間でした
駅で見送った後姿は
もう次のことを考えている意気揚々としたものでした
亡くなった祖母が
「親に親孝行なんてできない
どうしても親には勝てない
けど、親にしてもらったことを
子どもに返していくのが
一番の親孝行・・・」
とよく言っていました
まだまだだな[:四葉:]
空が、身体にあたる空気が、周りの音が
秋を感じさせてくれます

靴に魅せられて

【2008年09月01日】

10日間の入院生活にピリオドを打ち
退院したと同時に
友達の[:家:]に泊まりに行ってしまった娘[:ぷん:]
でもそれだけ元気でパワーが有り余っていたということで[:○:]
昨日の日曜日は約束通り買い物[:電車:]に
ところがどうしてもほしい靴があるということで
小倉[:電車:]から博多[:新幹線:]にいつの間にやら変更[:パンチ:]
贅沢な代物だと思いつつ
お父さんとおばあちゃんにカンパを募り
私には
「旅費と食事代はパックに含まれます[:星:]」
という買い物への誘い文句で[:love:]
うまい手口なんだな[:チューリップ:]

こんなんです~[:ぎょ:]
大事に履いてくださいませ[:ハート:]
私が
「いい靴を履くといい方向に向くから[:チョキ:]」と教えたのが間違い??
これ、私の愛読書‘花より男子’の中からのパクリなんだけど[:汗:]
帰りに「お母さんと買い物するのは久しぶり[:ハート:]この時間がプライスやね[:love:]」
などと可愛いことを言うものだから負けました[:女性:]
そして、今日は念願のお寿司やさんへ
下関では有名な唐戸市場の上にある
回転寿司ならぬ海転寿司へ[:お茶:]
とらふくのお寿司
420円也[:音符:]

そして、娘は
もう少ししたら、また勉強とバイトと自動車学校・・・etc・・・の
忙しい現実に戻らなきゃ[:グー:]と意欲をみせています[:四葉:]

2008年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ