HOME > とうふ屋の日々 > 競争のない運動会って

競争のない運動会って

【2005年09月17日】

今日は子どもの通う小学校の運動会があった。
運動会
我が子も器械体操やリレーなど一所懸命にがんばった。
とはいえ、プログラムに徒競走などの競技は全くなく、団体競技や表現といった種目ばかりが並んでいたので、ギャラリーとしては大して面白いものではない。
この小学校にも3年ほど前まではあったのだが、時代の風潮?で無くなってしまった。
本当にこれでいいの?


競争の種目が無くなってしまったのは、体育の苦手な子どもへの配慮だとか学校で順序を決めてはいけないとかいう理由だったと思うけど、いったい学校ってどんな教育をするところなのでしょうか。
社会へ出ても競争もなく、人と争うこともしないで普通に活きていける社会が待っているならそれでいいが、お役所(最近は改革でそうでもないかもしれないが)ならともかく、おおかたの人間は人との競争に勝ち、国際社会との競争に勝っていかなければ生きてはいけない。
競って勝つということが子どもにとって好ましくないなんて、とんでもないことだと思う。子どもの頃から競争があることを知らせ、それに打ち勝っていくすべを教えてあげることこそ、愛情というものだと私は思います。徒競走をなくそうといった方は、自分が子どもより長生きしてずっと守ってあげられるとでも思っているのかしら?
私は「競う」ということ自体が能力だと思います。持っているものを他人のそれと並べてみて優劣が決まることなんて少ないんではないでしょうか。「立場が人を育てる」などといいますが、プレッシャーの中でおかれた状態を判断して、自分のもてる方法で乗り切って良い結果を導き出すからこそ、競争に勝てるのです。いくら知識があっても、身体が優れていても競う方法を知らねば勝てるものではありません。
昔、「教育」という言葉の意味を調べたことがあります。日本語の「教育」は字のとおり教えて育てると説明されています。
一方英語の「education」の語彙は、「機会を与える行為」と説明されていました。
これを見て、私はなるほどと思いました。
子どもたちにいろいろな機会を与えて、いろいろな評価をしてあげる。
これこそが子どもを育てていくいい方法だな と。
今は総合の時間などで自由な内容で授業がもたれていますが、こういった視点で授業をしているクラスは少ないんじゃないかと思います。普段通常の授業で評価されない子どもが評価されるような機会を与える場であればいいのにと思います。
運動会から徒競走が無くなったのは、子どもたちを養護したのではなくて、子どもたちから機会を奪ってしまったのではないかととても心配に思います。


“競争のない運動会って” への3件のフィードバック

  1. つねちゃんの姉ちゃん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    私の小さい頃の記憶では、教室の中に、勉強のできる子がいて、運動できる子がいて、絵の上手な子がいて、ピアノの上手な子がいて、笑いをとるようなおもしろい子がいて…今でも名前と顔がでてきます。その場その場で誰かが活かされていました。
    徒競走も、背の順だったので、毎年少しづつメンバーが変わり、だいたい自分の順位が予想でき、一位がとれなくても楽しかったというか、はりきれました。
    今や、タイム順で大きな差が出ないような徒競走にしたり、皆で手をつないでゴールしたりってことも聞きます。
    はっきり言って「何言ってんだ!」って感じ。
    中学生になれば、容赦なく成績の順位が出て、高校や大学の入学試験では、やっぱり成績で振り落とされます。もちろん少しづつ自己推薦とかのシステムもとられていますが。何もかも平等にってことはないのです。貧富の差もあるし、競走のない社会ではないのです。
    競走心は、向上心だと思うのです。悔しければ、へこたれることもあるけれど、今度こそってがんばれる。喜怒哀楽がバランスよくあって人間らしく生きられるのだと思います。
    競走したあと味わういろいろな気持ちのフォローをできる大人の力が求められているのに、それをする大人がいない。そんな指導力や包容力のない大人たちのために、子どもたちを健全に育てられないのは許せない。
    人は、いろいろな場で活かされるのです。何を怖がってこんな運動会にするのでしょうか?教育現場だけではなく、社会全体で考えるべき問題だと思います。

  2. つねちゃん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322) Sleipnir/2.40b1
    ずいぶん遅いコメントですが、新年度になり今年の運動会へ向けての準備が始まったそうです。
    例年一番最後に行うチーム対抗何十人リレーの組み分けの予選会みたいなものがあったそうです。
    誰が早いとか遅いとかわからなくするための多人数リレーなのに、チームごとに大差がつかないように、走る速さを見るためだそうな・・・
    こんなことするなら初めから徒競走すればいいじゃない?  ああナンセンス!

  3. つねちゃん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727) Sleip
    先日、地区の懇談会があって今年の運動会には徒競走が復活するとの報告がありました。
    あぁ よかった!
    でも、うちの子どもは走るのがあまり得意じゃないのでフクザツなようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2005年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ