観たよ!

【2008年09月23日】

秋ですね・・・
彼岸の頃だとなにで察知するのか
たんぼのあぜ道一面‘ひがんばな’
自然の営みに感心します
映画を観たいと思いながら
いつも見逃してしまいがちですが
たまたま公開日にレイトで観た映画
『おくりびと』
納棺師の話で
重いテーマなはずが
劇場中大笑いというシーンもたくさんあって
でも、観終わった後、心の中心に残るのは
何か大切なことのような気がして・・・
厳粛な空気の中で
納棺師の淡々とした、でも亡骸になってしまった人に対する
気持ちのこもった動作
亡くなった人に対する
残された人たちのそれぞれの感情が
納棺師によって
静かにひとつになって優しくなっていく様子が
肌で感じられ
なんともジーンとくる
誰しもが
死を受け入れられないことに苦しむ
けど、それは
=故人の人生そのものを尊敬できる気持ち
になっていくようで
ぼろぼろと涙が出るわけでもなかったけれど
久しぶりにいい映画だったな!と満足して帰宅
もうひとつ別の話
娘のipodの中に入っていて
娘絶賛の映画(9月初めにはテレビでも放映されたけど)
『舞妓Haaaan!!!』
熱狂的に舞妓さんしか愛せない男の話
阿部サダヲがおもしろすぎる・・・
その恋人役が柴咲コウ
舞妓さんしか愛さないことを知って
京都出身だと嘘をついて付き合っていたのに
バレるところがあって
なんと実は柴咲コウは、三重県出身の設定
京都の女の歯ぎしりはいいけど
三重の女の歯ぎしりは許せないと
手のひらを返すように言い放つのだけれど
何を隠そう
姉ちゃんは、三重県出身なのよ!!
歯ぎしりするのよ!!
悪かったね!!
でも、柴咲コウとは全然違う・・・
笑 (笑うしかないナ)
特に三重県出身の歯ぎしりする人にお薦め??
クローズアップしたところがこんな話でしたが
中身は出身県のことではないので
あしからず

夜景の写真はこの文章の内容とは
関係ありません
でも、秋の月が、関門海峡の月が
綺麗だった・・・
携帯のカメラが?
えっ?私の腕かぁ? が イマイチなので
感動が薄れますが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2008年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ