大事なもの

【2008年04月26日】

最近、ニュースで公共の場の花を折ったり、切ったりする悪戯があると耳にしました
私が緊急入院して一週間後に帰宅したとき
夏のはじめだったのに
私が大事にしていたプランターの花が
とてもイキイキしていて
誰かが水をやり続けてくれたということがわかりました

「お母さんが大事に水やりをしていた・・・と思って」
家族が気がついた時に水やりをしてくれていました
人を愛するということは(対、人間という大きな意味で親子も夫婦も友達も恋人も・・・もう~ホントにすべてです)
人が大事にしているものを
自分も大事にしようと思うことだと思います
それが、その人に寄り添うということにつながるのではないかと
愛情が大きければ大きいほど
その人が大事にしているものは何だろうと考えるし
今何をしてほしいのだろうと考える
それを知ってしまったら一緒に共有したいと思うのは自然なこと
公共の場のものは
誰が大事にしているのか目には見えにくいですが
誰かが大事にしているはずで
そのことが想像できない人は
大事にされていないのか
大事にされたことが少ないのでは?
自分さえよければ、我が家さえ幸せだったらという考えで大人が生きていれば
後からついてくる子どもたちもそうなってしまう
よい歳を重ねませんか・・・
※写真は
 昨年の秋頃、娘が旅行先から
 綺麗だと思ってメールで送ってくれたもの
 私も綺麗だと思ったし
 今、娘はこの空に感動したんだぁ・・・と
 今も大事にしている写真の一枚です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ