HOME > つねちゃんの姉ちゃん > 親の出番の締めくくり

親の出番の締めくくり

【2008年03月30日】


あっという間の4年間でした
先日、息子の卒業式でした
お天気に恵まれ
学生生活の締めくくりです

思いおこせば4年前
この同じ桜の下で決意も新たに
不安と期待を胸に入学
同時に一人暮らしの始まりで
私の胸に穴があいたような気分、そして家の中にも大きな空間ができました
しかし、私は中学卒業と同時に親元を離れ
ホームシックとたたかい
そこから得たものはあまりにも大きかったので
「かわいい子には旅をさせろ」の言葉通り
苦しさも楽しさも味わってくれればいいと思っていました
「東京なんか人の住むところじゃない」と言い切っていた息子も
就職活動をする頃には
東京に残りたいと思うようになり
悩みに悩み、東京で就職(家業のある長男はかわいそう)
東京に残りたいと思わせたものは
彼女とかではなく
「仲間」でした
いい人たちと出会い
居場所ができた今
そこを去ることはできない
「じゃ、東京の引き際を肌で感じたら、また考えたらいい」という相談の結果
明日、入社式のようです
大きな困難にぶつかり
どうしようもなくなった時の最後の味方は‘親’だと思って
そんな時が万が一あれば、もちろん全身全霊で受け止めますが
とにかく自分で道を切り開いてほしい
また新しい春に向かって
頑張れ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2008年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ