HOME > とうふ屋の日々 > 復活! 徒競走

復活! 徒競走

【2006年09月16日】

今日、台風の影響で小雨[:曇りのち雨:]交じりの中、小学校の運動会がありました。
復活した徒競走昨年の運動会を見てこの記事を書いたところ、アクセスが多くやっぱり競争をしない運動会に疑問を持っている方が多いのだと感じていましたが、我が小学校では今年徒競走が復活しました[:オッケー:]
競技中のアナウンスで「初めての徒競走です!」なんてことを言っていましたので、この子たちは運動会で初めてかけっこをしたと聞いてビックリでした。
早い子、遅い子、もちろんいろいろな結果が出ますが、みんな一生懸命走っていました。
この子たちが貴重な機会を得た瞬間だったと思います。


“復活! 徒競走” への3件のフィードバック

  1. 自然素材と暮らす より:

    今日は秋晴れの運動会

    今日は娘の運動会
    秋晴れでほっとしました。
    これは、運動会のパンフレット
    娘なりのカラーリングです。
    子供たちは真剣で

  2. mama より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.5072
    徒競走の復活おめでとうございます。復活の理由は何だったのでしょうか?やっぱり徒競走やリレーは運動会の醍醐味ですよね。
    こちらは、今年から徒競走もリレーも無くなってしまいました。親としては非常に残念です。子供が一生懸命、走っている姿、今年も見たかったです。
    子供も徒競走がなくなりがっかりしています。
    本当に、これでいいのでしょうか??

  3. つねちゃん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375
    mamaさん
    コメントありがとうございます。
    復活の理由は知りませんが、保護者からの声があったのではないかと思います。
    徒競走が無くなったときも保護者の意見に学校が対応したのだと思いますが、結局は徒競走が必要であるというごく普通の考えの保護者が多かったからではないでしょうか。
    私は子どもが中学に行ってからPTA会長などさせていただきましたが、公立学校は公務員が運営しています。やっぱり「事なかれ主義」なんですね。
    何でもそうだと思いますが、反対や批判はしやすいものです。モンスターペアレンツと呼ばれる方もいらっしゃいますよね。
    一方、学校が社会人を育てる課程で当然必要なことをしていると場合は何も言わない事が普通ですが、肯定するという評価を常識人である保護者も発信すべきだと思います。
    それで、先生方も仕事がしやすくなれば言うことなしです。
    保護者も先生も立場が違えど、子どもたちの健やかな成長を願っています。ちゃんと話ができればいい関係ができるでしょう。
    公立中学では「学校へ行ってやっている」という変な意識でいろんな要求をされる方も、高校受験を経ていった高校には何も言わないようになるものです。これは「入れてもらった」という意識への変化ではないでしょうか。おかしな話です。
    言いたい放題で、責任の取り方を知らない大人が多い、残念な社会の一端でしょうか。
    長くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2006年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
商品名/アーティスト CD/DVD収録曲
▲このページのトップへ